〜T's love time〜

気が向いた時には なるべく更新してます。
基本、とっても個人的な日記ですが・・・気軽に立ち寄って下さい。
 
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Watch
MoRRie
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 執行 | main | 豪雨が去って >>
大雨 避難
週末からの豪雨で甚大な被害が出ています

土砂崩れ 住宅倒壊 ライフライン断絶
未だ調査すらも不可能で 実害が把握できない地域があり
電車や道路など 一部は機能していません
雨は止まず 道路や線路が浸水している所も多数。

鉄道局員の同級生は 
忙しく対応に追われながらも 
状況や見込みを詳しく報告してくれました

災害派遣医療チームとして現場に立つ同級生は 
水に浸かりながら進んでいるそうです

幼子の命も犠牲に・・・胸が痛くて 悲しいです
これほどまでに深刻な被害状況だなんて・・・

自然災害の恐ろしさを 本当にすぐそこに感じ 
知人や友人が危険にさらされ
馴染みのある土地が様変わりしている

もうこれ以上 被害が広がりませんように
1人でも多くの命が どうか救われますように

自宅前の川 
水位はだいぶ下がりましたが
山からの水流に草がなぎ倒され濁流が続いています。

金曜日 警報が出て 幼稚園はお休みとなり
次男の体調もあまり良くなかったので
私も仕事を休んで家にいました。

いっこうに降りやまない雨

家が川(海寄り)に面しているので
増水も気になります。

そして 雨足は強まり ついに避難勧告が発令され
夕方のピアノレッスンを中止に。

だんだんと状況が悪化していきました。

役所のサイレンが鳴り 避難準備命令の発動が放送され
スマホが何度も緊急エリアメールを受信
胸がザワザワしてきます。

ふと 家の前の川を見ると
引き潮の時間帯なのに満潮時より水位が上がっていました。
しかも 急激にぐんぐんと水嵩が増していて
あと数時間 このままの雨量が続けば 確実に溢れるレベル。

これはしゃれにならん 今までとは何かが違うマズイぞ 
ただごとではないと感じた私は
弟のマンションへ移動することを決めました。

自宅周辺には山がなく土砂崩れの心配はありませんし
それに 川土手とはいえ平地で 
高度も高めの場所に位置しているので
まず水没の心配もありません

2階にいれば大丈夫とは思うけれど
川が氾濫した場合は 水の通り道になってしまう
幼児2名抱えているので 念のため身を移すことにしました。

バタバタと用意をして 出発
夫は数年前に土砂災害が起きた現場近くで勤務しておりますが
おそらくすぐには帰れないので 
移動すると連絡を入れて 早退してもらうことに。

母は民生委員なので 
近所の独り暮らしの高齢者の方に連絡を入れたり忙しい。

実家が浸水する可能性は低いので 母は様子を見ながら家に残ることに。 

近くのAEONは 避難場所となり大混雑
すでに水浸しになっている道路もあり 大渋滞で動きません
救急車両のサイレンがひっきりなしに鳴っています

異常事態であることは明白
40年生きてきて こんなことは初めて。

弟の部屋はマンション2階ですが
6階建てなので いざとなったら上に登れますし
すぐ近くに避難場所もあり 
川からも遠ざかるので 多少安心でした。

イレギュラーな事態にチビ達は大変でしたが
仕方ありません 

夫も数時間後に合流し 緊張しながら夜を明かしました。

私達の住む地域は 幸い 満潮時に雨足が弱まったおかげで
恐れていた川の決壊も免れ 特に被害もなく

翌朝には自宅に戻りました。

やがて特別警戒は解けたけれど 
避難指示は 当然ながら継続しており

夫はやっぱり普段通りに車で出勤・・・

私の方は この日も予定していたレッスンを休止
体調悪化した1歳児を病院に連れて行ったり
隙をみて買い物に出たり
不安な思いで過ごしていましたが

ニュースで知る被害の大きさにショックを受けています

今回の災害で 心配した友人たちが連絡をくれたり
今も情報収集や情報交換を積極的にまとめてくれていたり

とてもありがたいです。

自然の驚異を前に 身体がすくみかけ
逃げることもままならないと知り
何も出来ない自分の非力さを感じています。

家族が無事で みな元気でいてくれることが幸いです。

自分ができることを考え
なるべく日常生活を取り戻しながら 
力を合わせて助け合っていきたいと思います。
| - | 15:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:45 | - | - |