〜T's love time〜

気が向いた時には なるべく更新してます。
基本、とっても個人的な日記ですが・・・気軽に立ち寄って下さい。
 
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Watch
MoRRie
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
伯母のお見送り
先月末から実家にステイしていた伯母が
いよいよ広島を発つこの日
新幹線ホームまで子供達とお見送りに行きました!

5歳の兄ちゃんは 
伯母が1年に1度お家にやってくる
ということを理解して楽しみにしていたし
下の子の方もなんとなく認識して すぐに懐き
たくさん遊んでもらってゴキゲンな日々

2人とも伯母と過ごす時間がすごく楽しくて

「おばちゃん ねぇおばちゃん」

と 毎日うるさかった 笑
(ばぁばの姉ですからおばちゃんというよりおばあちゃん?)

あっという間の 約3週間
毎年のことながら お別れするのは寂しくなります。

続きを読む >>
| thinking about... | 23:32 | - | - |
新年度
平成もあと1ヵ月
次の年号が発表になりました。

新年度 いよいよ始まりますね。

別れもあり 新しい出会いもあり 
たくさんの笑顔と涙、悲しかったことも楽しかったことも
努力や失敗や 一生懸命悩んだ時間も全て 
今へと続くかけがえのない日々

その先に 希望に溢れる未来が開けていますように。
| thinking about... | 15:49 | - | - |
3.11 
あれから8年。

当時の映像 衝撃 恐怖 あの気持ち
悲しみと混乱ともどかしさ
ずっと遠くにいた私でさえも 忘れられない記憶

東日本大震災 
決して忘れてはならない 風化させてはならない

それは 確かなことだと思います

でも
被災者の方々の中には 
どんなに忘れたくても絶対に忘れられなくて

むしろ 
ほんの少しずつでも薄れていくからこそ
どうにか生きていけるという人も
おられるかもしれません

あの前に戻ることは あれ以前と同じ生活を送ることは
どれだけ願っても頑張っても 
不可能だから・・・

ちょうど 子供を幼稚園へ迎えに行って帰宅した時
黙祷のサイレンが鳴りました。

しっかりと今を生きて 
自分で学び 考え 想像をして 背負うことを恐れずに
できることをして暮らしていこう。 
| thinking about... | 23:54 | - | - |
祖母の祥月命日
今日は祖母の命日

お寺さんに来てもらって 自宅で法要。
5歳児さんは幼稚園があるから無理だけど
在宅の2歳児さん ちんまり参列。

もう あれから こんなに年月が流れたのだなぁ。

私は長い間一緒に住んでいました。
大好きな 優しいおばあちゃん。

本当にたくさん支えてくれました。
いつも味方でいてくれました。
お母さんに怒られた私をよくかばってくれました。

生意気になって 何も恩返し出来なくて 
全然いい孫じゃなくて 
ごめんね。

でも 
いつまでもずっと大好きな大切なおばあちゃんです。

ありがとう。 ありがとう。

| thinking about... | 22:11 | - | - |
訃報
先週は相次いで悲しい報せを受けました。

同級生のお父様の訃報
中高時代にお世話になった国語の先生のご逝去

入学してすぐの授業で教えて下さった

「克己」

という言葉。

これから新しい学生生活が始まる私達への心構えとして
示して頂いたのだと記憶しています。

重厚かつ味のあるお人柄 
厳しい面もありながら どこか可愛らしいおじいちゃん先生で
(今思えば 当時は50代、おじいちゃんは失礼でしょうか) 

人は必ず生まれて死に向かうもの。
それでもやはり 
もう会えないとなると 寂しい気持ちになります。

偶然 中学高校時代にご縁があった方の報せが
3件続けて入ってきたので
少し感傷的になってしまいました。

ご冥福を心よりお祈り致します。
| thinking about... | 16:08 | - | - |
祥月命日
今年も早いものでもう16日
父の祥月命日が また巡ってきました。

あまり信心深い家ではないけれど
年に一度の命日には 
お寺さんに来て頂いて お経をあげてもらいます。

あれから8年になるのだなぁ。



父が倒れて 亡くなった時期の1年ほどは 
正直 ほとんど記憶がありません

認知症の祖母の介護や
何も分からぬまま急に対応せざるを得なかった会社のあれこれ
気付けば泣いていたし 眠れなくて
どうやって生活していたのか 覚えていません。

後悔と懺悔の気持ちは今も消えることはないけれど
たくさんの人に助けてもらって
少しずつ癒され

今はこうして元気で暮らせています。

父が逝った翌年の2月には 
約3ヵ月の看取り介護の末に大好きな祖母も亡くなり
寒く悲しい記憶に潰されそうで 嫌いになってしまった冬だけど

たまたまではありますが
12月に長男を 2月には次男を授かり
幸せな思い出がたくさん上書きされたおかげで 
この季節がまた楽しくなりました。

時は流れ命は巡り  
永遠に忘れ得ぬ悲しみとともに 家族の温かな記憶が共存し

心が感謝で満たされる瞬間が確かにあります。

お父さん 
愛してくれてありがとう。

ゴメンナサイを言わずにいることは 
まだ出来ないけれど 
大好きなあなたと過ごした素晴らしい日々は
ずっと私の中に生きています。

毎日話しかけて 時には愚痴や泣き言を言って
うちの娘は40歳にもなって頼りない大丈夫かいなと
心配していますか?

でも 身に余るほどの幸せに包まれて暮らしているからね

どうか見守っていて下さい。
そして 安らかでいて下さいね。
| thinking about... | 23:56 | - | - |
天皇誕生日
終わりゆく平成 最後のこの日
生前退位をご決断された天皇陛下のお言葉が
深く胸に染みました。

自分は不勉強なので非常にお恥ずかしいのですが

日本国の象徴という位置づけである「天皇」なくして
今の日本は存在し得ないと思っています。

真摯で温かい誠実なお言葉から、
どこぞのお偉方の
形式的で薄っぺらいセリフや嘘八百の文言とは
比べ物にならない深さと重みを感じました。

象徴天皇制の中で
一人間として 天皇として ご公務の中で 人生の中で
何を考え何を感じてこられたのか
どれほどのものを背負い
受け止め 向き合ってこられたのか

平成も最後の年が暮れようとしている今
いつも国と人を想い試行錯誤を続けてくださるお気持ちに
国民として 心から感謝します。
| thinking about... | 22:42 | - | - |
命はキセキ
私の年代だと 
まだまだ身近に赤ちゃんの誕生があり
幸せや感動をおすそわけしてもらっています。

昨日も一人 無事にベビーが誕生したとの報告を頂きました。

命を授かり妊娠出産することは
本当に奇跡です。

誰一人として同じではなくて
望んでも願っても操ることはできなくて
人間の及ばない領域であり

まさに神秘の世界なのかもしれません。 

幼稚園内でも やはり出産が続きますし
マタニティママをちらほらお見かけしたり

もちろん それぞれ苦労もあるとは思うけれど 
ベビさんや妊婦さんのいる光景に
ほっこりさせてもらってます♪

けれども同時に
命は強さと儚さを孕んでいるもので

もがいても 苦しんでも 必死につなぎとめようとしても
その目の前で 手の間からこぼれ落ちていく 
何もできなくて 救えなくて 
人間の無力さを思い知らされ打ちのめされるのです

でもそれでも 全ての命に
 
生まれてくれて ありがとう
出会えたキセキに ありがとう
| thinking about... | 16:18 | - | - |
リサイクル?
12月目前
早くも年末感が漂ってまいりました。

クリスマス誕生日などなどイベント控え
家にある物を改めてチェックしつつ 
プレゼント選考のついでに
使えるなら使いたい物の修繕も♪

長男坊が乗っていた三輪車を
2年ぶりに出してみたり

プラスチック部分が劣化して一部崩壊しましたが
とりあえず乗れそうではあるし
兄さんの自転車に憧れてる1歳児さんが一目見て食いついたので
お試し使用中 笑

続きを読む >>
| thinking about... | 23:17 | - | - |
地震・・・
今朝発生した北海道の地震に 驚いています。

土砂崩れ 停電 断水
大変な状況に 心配するしか出来ない自分ですが
今は一人でも多くの命が救われますようにと祈ります。

朝の新聞には載っておらず
ネットにも すぐには詳しい情報が上がってこなかったので
次第に明らかになり伝えられる惨状
ニュースで見る映像に 衝撃を受けています。

ほぼ予測不は可能と思われる自然現象・・・

日常生活、当たり前のような日々の暮らしの基盤が
壊れるということは
とても不安で悲しいことだと思います。

今は命を最優先に守りながら
少しでも早く 復興が進みますように。
| thinking about... | 22:40 | - | - |