〜T's love time〜

気が向いた時には なるべく更新してます。
基本、とっても個人的な日記ですが・・・気軽に立ち寄って下さい。
 
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Watch
MoRRie
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
40代!
昨日は私の40歳の誕生日でした。

お祝いメッセージを頂き嬉しかったです
ありがとうございました♪

ついに いよいよ 不惑の四十路突入!!

が ふわふわうろうろ 
心惑い日々迷いに振り回され
まだ大人になれた気がしないし 
我ながらもう40歳だなんて信じらません・・・!

いや 現実逃避で信じたくないのかしら 笑 

乳幼児2名育児中の誕生日ですから
気付けばドタバタ慌ただしく
いつも通り あっと言う間の1日

朝は洗濯機2回まわし 
ようやくホットカーペット洗って干して撤収
その後 高校生さんのピアノレッスン 
チビッ子達のお昼ご飯は超特急

午後からチビさんと親子スイミング
からの
4歳児連れて電車に乗って駅前百貨店でお買い物
(下のチビこんはお家でばぁばとお昼寝)

目が回りそうですが(老いです) 

ようやく夕方 おやつタイムで一息つくも
何故かチビさんを接待してる母ね 笑



家に帰ると再び苦手な家事に追われ
ヒーヒー言っとりましたが
夕食後に 自分で買ってきたちょっと贅沢ケーキを食べて
ささやかな誕生日感を味わうことができました♪

40歳というのは 自分的に
人生半分の折り返し地点なイメージもあり
30歳の時と比べると ガツンと重い感じがしましたが
年齢は積み重ねていくものだから
誕生日がきて急に何か変わるわけではないし

あまり数字にとらわれず
これからも挑戦し学び成長していきたいと思います。



怒って 笑って 泣いて 騒々しい1日の終わりに訪れる
最高に幸せなひと時

子供達を寝かしつけた後 
ぶっちゃいくな寝顔 意味不明の寝言 激しい寝相 
などなど
愛おしい風景に癒される大切な時間。

これからまだ雑用を片付けなければいけないのだけど
ちょっと元気になれるのです♪

節目の年を迎えましたが
これからまた一年 みな元気に過せますように
改めて頑張っていきたいと思います。

みなさま どうぞよろしくお願いいたします!
| thinking about... | 23:43 | - | - |
シリア攻撃
化学兵器使用? 一部爆撃? 政治に利用?

正義とは何だろう
人の命の尊さとは何だろう

こんなことを誰が望んでいるのだろう

自分が家族と何気ない今日を生きていることが
どれだけ奇跡的な幸せであるか
改めて考えさせられます。

でも同時に
所詮私にとって他人事だからこんなこと言えるのだろう
と感じてもいます。

自分に何ができるか
どうしたら少しでも良い方向に向かえるのか

子供達の寝顔を見ながら考えています
戦わずにいられなかった人達の心 
善悪の概念の軽薄さ
赦しとは 人間らしさとは 何なのでしょうか。
| thinking about... | 23:14 | - | - |
3.11
自分はニュースで見ていただけの人。

何も出来ず無力で打ちのめされて
ただ恐くて悲しかった。

阪神淡路の時も 熊本や地元の時も
慄いていた。

命の唯一であることは
被害の規模や人数に関わりなく

大切な人を亡くすことは
みな等しく辛い

全てがそこから変わってしまう かもしれない。

それでも生きなくてはと 
前へ向かっても
二度と戻れない時間 終わらない悪夢
決して取り戻せないものの大きさを感じる時
ふと愕然とするかもしれません。

今こうして生きていることこそ奇跡
何気ない今日を変わらず過ごせたことがどれほど幸せか
改めて考させられる。

自分の出来ることを探しながら
どうか 少しでも 魂が救われますよう
祈っています。
| thinking about... | 22:06 | - | - |
祖母の七回忌
今日は祖母の七回忌法要を執り行いました。
ごく近い身内だけでささやかにではありますが
無事に終えることができました。

和気藹々と温かな雰囲気で流れた一時、
まるでおばあちゃんの優しい人柄のような会でした。

会場は 家が檀家となっているお寺さん
最近リニューアルされた会館は 
とても立派で凝った造りになっており 
感嘆しました!!

施工はあの金剛組らしく・・・
私のような素人でもあちらこちらに建築の底力を感じる
さすがの仕事ぶり!

祖母名義で出資したので
会館内の柱に名前が刻まれています。



チビ4歳&ベビ1歳
途中ピンチも訪れたけどなんとか凌いだ!

が 食事会場では少しはしゃいでしまいました・・・

名古屋在住の叔母が骨折のため来られず残念でしたが
祖母の妹2人も集まってくれて
お元気そうな姿を見られて よかったです。

料理も美味しかったし よい法要でした。

このような機会でもなければ
親族とはいえなかなか集合することがないので
久しぶりにお会いできて良かったです。

故人の繋いでくれるご縁 
末永く大切にしていきたいですね。


 
祖母は目立つのが嫌いで控えめな人でした。
とても真面目だったし 
80代まで仕事をしていて 娯楽は殆どしなかった。

子供の頃 同じ家でずっと過ごしたから
たくさんの思い出があります。

半ば育ててもらったようなものだし
何度も助けてもらったし
孫の私を いつも気にかけてくれました。

大好きなおばあちゃんです。

何も孝行できなかったことを後悔しているけれど
祖母と過ごせて幸せでした。

おばあちゃんにもらった かけがえのないもの
感謝を忘れることなく
これからも生きたいと思います。
| thinking about... | 23:02 | - | - |
祥月命日
今日は父の祥月命日
例年通り自宅でささやかに法要をしました。

あれからもう7年が経ち
慌ただしく日常に追われる生活の中で
当時の記憶も 少しずつではありますが薄らいできました。

が やはり
何年経っても忘れることはありません。

私自身は無宗教だし
法要といっても形式的な意味合いが強いですが
やはりこの日は 
改めて思いを馳せ色々考えます。

今も父のことを思わない日はないし
子供達と一緒に父の写真に話しかけているし
時々無性に会いたくなります。
なんだか不思議な感覚。

お父さんいつも見守ってくれてありがとう。

愚痴や泣き言を聞かせてしまう日もあるけど
これからも 家族とともにいてね。
そしてどうか安らかに眠って下さいね。
| thinking about... | 22:41 | - | - |
ノーベル平和賞
先日の銃乱射事件の報道を見て
愁いていたのですが

ノーベル平和賞のニュースで少し浮上しました!

とはいえ
何を本当に知っているかと問われると
自分の知識が浅過ぎて恥ずかしいのだけれど・・・

でも 
これが世界の認める意思であり
さらに 受賞を機に広く世に報道され
改めて強く発信され
方向性が見えていくかもしれないと

希望と喜びを感じています。

日本人は平和ボケしているから
上辺の甘い理想論を唱えているだけで危機感がない
と言う人もいますが

目指さなければ実現の可能性すらないですよね。

この夏
後輩の高校生が 平和大使としてジュネーブへ渡り
スピーチをしたそうです。

TVでも特集を組まれ 報道されていましたが
真っすぐな気持ちで意見を述べ 
知識を深め 吸収しようとする姿勢
被爆者の方の心を感じよう 伝えようと 
きっと努力を重ねているであろうその姿に
光や希望をもらい 感銘を受けました。

この世界には たくさんの国があり 地域があり 家族があり
人はそれぞれ違います
感情も価値観も譲れないものもあるけれど

憎しみと怒りと暴力で問題を解決できないことを 
本当はみんな知っているし
認め合い対話しよう 
という意識こそ 人間らしさであって欲しい。

ささいなことで イライラしてしまう自分です
何もかも受け入れるのは 難しいけど 

未来を考え視野を広げ 
揺らいでもちゃんと立ち返れるよう
ちょっとずつでも進化していきたいです。 
| thinking about... | 22:19 | - | - |
平和学習 フォーラム
昨日は 中区で開かれた平和フォーラムに参加。

「今 心の平和を考える」をテーマに
NHKワールドニュースでも密着特集を組まれたり
新聞にも数々の記事を掲載された 
飯田國彦先生を迎えての会。 

被爆体験の語り部もされている飯田先生、
資料館には 先生の母君の遺品が飾られているそうです。

チビベビともに託児お願いする予定でしたが
3歳児がタイミング悪く風邪をひき 
元気なのだが咳が残ってたから

他の子にうつしたらいけないと思い託児を断念・・・

が しかし 
私はせっかくの貴重な機会を逃したくなかったから
兄さんには ばあばとお留守番してもらい
ベビだけ連れて行きました♪

グループワークあり 講義あり
非常に有意義で 心に残る一時となりました。

続きを読む >>
| thinking about... | 16:27 | - | - |
水爆
ミサイルが飛んだり 水爆実験をしたり

北の国がますます騒がしい
もう好転できないのだろうか?
時代なのだろうか?

日常生活の中で 空をミサイルが通過するなんて
震えるほどの恐怖と嫌悪感があります。

子供の寝顔を眺めるとき
母として
これからの未来が平和であることを願うけど

どうすればいいのか分からず
ただ憂うばかり。

もはや現実は切迫している気がする
他人事ではいられない 
ささやかだけれど幸せな毎日は消え去り
戦争・核の地獄がくるのかと 
けっこう本気で心配しています。

国によっては核保有OK というのも
ホントは理解できないけど・・・ 

ここのところ毎日どこかで慄いてる。 

平和とは何?
そして自分はどうすべきか? 
| thinking about... | 22:48 | - | - |
北の国から
弾道ミサイルとか 
ほんとにやめて意味不明だし

話が通じない相手とか 
一方的に正しいと思い込むって
なんだろう 

恐過ぎる

日本人が平和ボケしている というのは
間違いとは言えないかもしれません
でもやっぱり 極端に変だよ 

思考がよくわからないから不気味で仕方がない。

同じ土俵には上がりたくない
目には目を なんて 冗談じゃない 
戦争なんて愚か過ぎる

けど 正直恐い 毎日うっすら不安です

共感ゼロの人とは分かり合える気がしなくて
打開策も見つけられそうになくて

もう完全に距離置きたいのに

そんな感じで接近してこないで
逆ギレと開き直りが脅威でしかありません・・・
| thinking about... | 23:20 | - | - |
ヒロシマ 8月6日
今年も8月6日が巡ってきました。

ここらへんの地域では
原子爆弾が落とされた時間に町内放送があり 
黙祷のサイレンが鳴ります。

おチビさんと一緒に
(0歳は転がっておりましたが) 
少し 戦争 ということをお話して
平和を考え 失われた命のご冥福を祈りました。

これから自分達はどうしてきたいか
ちょっと話し合って。

資料館に連れて行った経験もあり
原爆のことも なんとなくは分かっているので
それなりに解釈はしているみたいです。

幼稚園でも 先日の登園日に
平和学習を取り入れ 
ちゃんと子供達に教えてくれていて
チビさんも 今日が何の日かは知っていました。

自分的には信じられないけれど・・・
たしか今年からだったか
8月6日の登校日は廃止になるのだとか。

時代なのか?悲しい。

祖母が原爆手帳を持っていました
私自身は被爆3世になります

原爆の体験を話す祖母の姿を思い出すのです。
半世紀以上過ぎても 
思い出すだけで辛いと涙を流していました。

他がいいとは決して言わない
けれど
核兵器は地獄 人間の世界とは思えない
原爆投下は間違ってなかったなど・・・どの口が? 

絶対に 使ってはならない 

この日を忘れぬよう
仕返しとか被害者意識どうこう 
ではなくて

被爆者の方も 
誰一人そんなこと言っていなくて

「もう世界中の誰もこんな思いをしないよう」

「未来が平和であってほしい」

と願っておられる。

人類の過ちを悔いて
認めること学ぶこと感じること

風化しないよう 
一人一人ができることを考え受け入れ
思いやりある世界を築いていこう

少なくとも それを諦めず目指そうと思える
人間でいたいです
| thinking about... | 14:23 | - | - |